炭水化物ダイエットでふらつく

炭水化物ダイエット特集

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
今一番の注目株ということで、炭水化物ダイエットにトライしている女性が周囲に数人います。ただ健康に気をつけてダイエットして欲しいものです。
炭水化物ダイエット特集mainimage

炭水化物ダイエットでふらつく

今一番の注目株ということで、炭水化物を抜くダイエットにトライしている女性が周囲に数人います。

しかしやり方が間違っているのか、残念ながら誰もあまり成功しているようには思えません。

例えば先日は、チャレンジャーの一人が郵便局でふらついて、意識が朦朧としてしまったため、心配した局員さんが救急車を呼ぶ事態が発生。

本人曰く「そんなに大げさにしなくても。

しばらく横にさせてもらえれば充分だった。

」なのですが、周囲の人はそうはいかないでしょう。

女性が一人、小さな郵便局の2,3個しかない椅子を占領して意識なく倒れていていたら、誰だって何ごとかと心配します。

「それで倒れた原因は何だったわけ?」と尋ねたところ「血糖値が下がりすぎたみたい。

」との答えでした。

炭水化物ダイエットのせいで、ちょっと活動エネルギー不足だった程度にしか考えていないようでしたが、低血糖は一時のめまいといった短期的な影響だけでなく、長期的な神経系統への悪影響も心配されています。

このごろは、昨夜は3時に寝ましたみたいな感じで毎朝出勤してくるし、一日中ぼーとしていて集中力がない様子で、もしかして転職したいのかなと思ったりしていましたが、これらも低血糖で説明できるようです。

彼女が炭水化物ダイエットを正しく理解・実践していない可能性も大いにありますが、めまいは体が発する黄色信号として、真剣に捉えた方がいいのではと感じました。

正しく行えば無理なく痩せられるのですから、効率やメリットのみでなくデメリット、リスク等もきちんと調べてからダイエットをしましょう。

Copyright www.sharingandhealing.org.