炭水化物ダイエットは長期的にみて、本当に効果的?

炭水化物ダイエット特集

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
体は種々のことに「慣れる」はずです。炭水化物が減った直後は効果的かもしれませんが、暫くすれば脳はその量を普通と捉えるのではないでしょうか。
炭水化物ダイエット特集mainimage

炭水化物ダイエットは長期的にみて、本当に効果的?

炭水化物を減らすダイエット法が効果的であると考える根拠は、まず炭水化物を減らすことによって摂取カロリーの減少が期待できる(極めて当たり前ですが)、そして重要視されているのが「体脂肪を代謝する能力が高まる」ことですよね。

摂取カロリーが減れば、その分痩せるのは当然のことですが、炭水化物ダイエットが効果的と言われる理由は、体脂肪が効果的に燃焼されるので、食事を減少したことからくる空腹感によって「あー力がでない・・・」と運動量が減少(=消費カロリーが減少)することがないということだと思います。

摂取は減ったが消費も減ったでは、非効率的なダイエットですよね。

ですが、そうなるダイエットがほとんど。

一方、炭水化物ダイエットは、がんがん脂肪を燃やして続けて、エネルギー不足を感じることがなく運動し続け、消費が減らない(維持あるいは増加も期待?)効果的な手法と注目をあつめているわけです。

疑問に感じるのは、体は種々のことに「慣れる」はずですから、いつまでもその状態が続くのかどうかということです。

炭水化物が減った直後は、脳は「おー減った」と思ってますが、暫くすれば、その量を普通と捉えるのではないでしょうか。

「もうすぐ大事なイベント、すぐに痩せなきゃ!」という人には炭水化物ダイエットは有効かもしれません。

でも短期間で大幅な体重減少をするのは命の危険がありますから、炭水化物ダイエットは2、3キロを目途とするのが安全でしょう。

◆適度に運動と組み合わせて⇒夏に間に合う!オフィスで筋トレ&ダイエット | R25スマホ情報局

ダイエットを頑張りすぎると、リバウンドの危険性が高まるのはご承知の通りです。

特に一栄養素に固執した方法では、思った以上にストレスが溜まりますので、ご注意を。

Copyright www.sharingandhealing.org.